.

実際にパソコンの。ジェイウェルドットコム

前で、リアルタイムで変化している為替レートを眺めているとすぐに売買をしなければならないという欲求に煽られる人も少なくないだろう。あきゅらいず

でも、不確かな直感で注文するのだけは、絶対にしてはいけません。松尾ジンギスカン

知っての通り、市場は四六時中どういう時でも外国為替相場はやっているし、市場もどういう時でも変化しています。リップルキッズパーク

しかしながら、エントリーを繰り返していると、その分だけ損失を被る確率が上がります。コトハコーヒー

当たり前ですが、売買の回数を積み重ねる事でだんだんと利益を上げられる可能性が半々になります。資格スクール 大栄

でもその事実は「ぼんやりとした勘で取引」してしまうこととは別問題です。ポイントランド

エントリー回数を積み重ねるという意味は自分が「ここは勝てる」と感じた感覚を得られたケースでの売買回数を積み重ねるという意味である。きらりのつくりかた

何となく、次々と売り買いを繰り返すのとは大きく違います。Bizoux(ビズー)

相場の戦いに立ち向かうためには、意識してメリハリをつけることこそが大事だ。ミリオンキングダム

「ここだ!」と思ったマーケットの時には、思い切ってポジションを積み増して覚悟を決めて利益を追い求めます。

「少し難解な為替相場でどう上げ下げするのか理解できないな」と思った時は潔く諦めて持っているポジションをひとつ残さずクローズして黙っています。

それぐらいのメリハリをつける方が最後に売買は勝利します。

外国為替市場の格言には「休むも相場」というものがある。

まさに言葉どおりです。

取引とはいついかなる時でも売買ポジションを所有する事がすべてではなく、どれも所有せずじっと見ていることも場合によっては、相場です。

そうであるならば、どの場面で、休む必要があるのでしょうか。

第1に言われるのが先に述べたように、これから先のマーケットが明確に良く見えない時です。

ここから上がるのか下がるのか明確でない時は間違って判断すると、自身の考えた台本とは反対の方向に外国為替市場が変動してしまい損失を被ることになる。

そのため、このようなケースではポジションを諦め、何もしないで黙ってみているだけが唯一出来る事です。

第2に、自身の健康状態が思わしくない時です。

体の具合とマーケットに関係ないと思う投資家もいるでしょうが実は思いのほか関係があります。

コンディションが変な時は、市場の判断しなければいけない場面で必要不可欠な判断ができなくなります。

関心がわかない時は外国為替相場から目をそらす事も大事なことだ。

Copyright (c) 2000 www.fabriziovercelli.com All Rights Reserved.