.

車に乗る人であればご存知だとは思いますが、自動車税を支払う義務があります。75-17-4

それでこの税金は査定に出すクルマの買い取りの際に一般的に戻ってくるのです。75-5-4

ちょっと実行したら直ぐに分かりますが一から流れを簡単に案内することにしましょう。75-19-4

ちなみに説明をさせて頂けば、日本販売されている自動車に限らず外車などでも税金が返還されることになってきます。75-4-4

これはクルマについてもそうです。75-16-4

クルマのオーナーが支払うもので、これはそれぞれの排気量の大きさで定められています。75-14-4

1リッター以下のであれば29500円1リッターから1.5リッターまでなら34500円になります。75-8-4

これ以上は500cc刻みで5000円ずつ増えていきます。75-20-4

そしてこの税金は4月1日時点のオーナーが今年度の金額を支払うことになります。75-15-4

ということは前払いになるということですので勿論ですが車を買取してもらって、オーナーでなくなったケースでは先払いした分の自動車税は還付されるんですね。75-6-4

この税というのは先払いで今年度の金額を納めるので一年以内にクルマを売却した場合には、新しい所有者が自動車税の納付義務を負うのです。

売却相手が専門店でしたら買い取り時に前払いしている分の税額を返金してもらえます。

要は所有権を手放した瞬間より後の税は、権利が移った保有者が支払い義務を負います。

もしも10月にクルマを売った際は、11月から翌年3月中までの払った税金は還ってくるのです。

それは、前述の通り自動車税は一年分を先払いしているということによるものです。

ということは、前所有者は売却相手に自動車税を返金してもらうということになります。

業者を介さずに自動車を買い取ってもらう際に何気にこのような重要なことに気づかない人が見受けられるので、ぜひ確認するようにしてください。

自動車税が車を手放すと還ってくるという知識をあまり知っている人が少ないからと言って、それを悪用している買取業者も存在します。

自分から返金についての話をしなければ、そのことに説明しないということも聞きます。

なのでクルマの買い取りを頼む際には自動車税が返ってくることを聞くことを怠らないようにしなければなりません。

Copyright (c) 2000 www.fabriziovercelli.com All Rights Reserved.