.

ありふれた初心者向けのFX取引の書籍では「差損が生じた時はナンピンを入れることによって、全体の買い付け価格を低くする」等と説明されているが、実際はここにはかなりの危険性が待ち受けています。よく眠れる枕

最初に、ナンピン買いの理屈に関して分かりやすく述べます。登録販売者 試験日 28年度

例として1ドル=100円でドルを買ったとします。ヘルペス ジェネリック

$(ドル)買いのため、円安ドル高になるほど利益が出るわけだが1ドル=95円までドル安が進んでしまった。エステ TBC

このままの場合所有し続けたら損失が回復するまでには、5円分円安に向わなければなりません。http://www.oratoriometal.com/

誰でも、損失はなるべく早く回復したいと考えます。ベッド通販,おすすめ

そのためはじめに取引したのと同じ額の$を、1ドルを95円で売買します。腸内フローラ サプリメント ランキング

これで、ポジション全体の平均の買い付けコストは97円50銭まで抑える事が出来ます。新潟ナースセンター

その結果、半分の幅でドル高が進めば赤字を失くせます。ギャル アクセサリー

これが、ナンピン買いの仕組みです。

このように、ナンピン買いの理屈を理解すると「まちがいない」と考えたりするが、為替相場はそう容易には思った通りにはなりません。

元々、1ドル95円以下にならないとは、分かるはずがありません。

相場がかなり強いドル安基調だとすると、1ドル=95円ではとまらずよりドル安にいく危険性は高いです。

仮に、1ドル97.50円でナンピンをした時に1ドル95円まで円高に進んだらナンピンしたポジションにも、差損が生じます。

こういう状態では最初に売買したドルと全部で倍のマイナスが生まれます。

この通り、ナンピン買いは難しいです。

では、外国為替市場があなたの台本とは別の方向にみるみる進む場合どういった方法で危険を回避すればいいのでしょうか。

こういう状態で選択できる選択肢は限られています。

ひとつめは執着しないで、ポジションを閉じる事です。

もうひとつの選択肢としては、その時点で、自分が持っている買いポジションを縮小することで外国為替市場が戻るのをじっと待つ事です。

だいぶ主体性のないやり方だと思う人もいます。

だけど、自分のポジションにマイナスが生じた時、適切なやり方はこの他にはないです。

確かに、理屈の上ではナンピンという方法もあるように思える。

だけどナンピン買いは、あなた自身がマイナスになっているのに買いポジションを無くすどころか、それとは逆にポジションを積み増していく考え方です。

この手段では、危険をコントロールすることなど、どう頑張っても可能ではないと考えたほうがいいです。

ナンピン買いをしていけばいつかは損失が回復するかもしれません。

でも、その前に資金は足りなくなってしまいます。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.fabriziovercelli.com All Rights Reserved.