.

現実にパソコンの前に座り、いつも上下動している為替レートを目を向けていると何となく注文をするという衝動に影響される事も多いと思います。法人ETCカード作り方

しかし、不確かな考えで取引することは、決してしてはいけません。duoクレンジングバーム ニキビ

ご覧の通り、マーケットは四六時中、どういう時でもいずれかの外国為替相場は開かれているし、相場も常時、動いています。極み菌活生サプリ 口コミ

しかし、だからといって頻繁にエントリーを積み重ねるとその分だけ損失が生じる危険が上がってしまいます。洗顔せっけん

当たり前ですが、売り買いの数を積む事で結果的に稼げる確率が半々になっていくのは事実です。アリシアクリニック

けれどもその事実は「はっきりしない直感で注文」とは別問題です。ジッテプラス

取引回数を積むという意味は「ここはいける」と考え付いた時機を得た場面でのエントリー回数を積み重ねるという意味です。24/7ワークアウトはクレジットカードOK

何となく、次々と注文を重ねるのとははっきりと違う。リゼ 札幌

相場の戦いに勝つためには、己で主体的に緩急をつけることが大事です。

「ここだ!」と思った外国為替市場の時には、いっそのこと所有ポジションを積み増して意識して利益を狙います。

「分からない相場で、どう推移するのか理解できないな」と感じたならば諦めて保持ポジションをすべてクローズして何もしません。

このぐらいのテンポでやった方が、最後には売買はうまくいきます。

マーケットの金言には「休むも相場」という言葉があります。

本当に言葉どおりだと感じます。

為替とは、常時売買ポジションを所有する事が肝心な事ではなく、どのポジションも持たないでじっと待っている事も場合によっては、取引です。

じゃあ、どういう場面で休めばいいのでしょうか。

最初に考えられるのが、前に述べたように、今の相場展開が今ひとつ判断できない時です。

現状から高くなるのか安くなるのか見通せない時は、間違って判断すると、自分自身で作った脚本とは違った方向に相場が推移してしまい、損してしまいます。

そのため、そのような時はポジションを無くしてそのまま何もぜずに様子をみるのが最良の選択です。

2番目に、自身の体の状態があまりよくない時です。

体の状態と相場に関係性はないと感じる方もいるだろうが。

現実には大きくつながりがあります。

健康状態があまりよくなければ、市場の決断しなければいけない状況で落ち着いた決断ができません。

気分が乗らない時は、外国為替相場から遠ざかる事も重要な事です。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.fabriziovercelli.com All Rights Reserved.