.

クレジットカードを使用していると必ず契約カード会社から明細書が届きます。それらご利用明細を見るよう習慣づけていればどこで何時にカードでどれくらい使用したのかに関する明細が書かれているため、カードを利用した決済の履歴を確認するのに容易で便利でもあります。代わりとするのはなんとも難しいに違いませんが、ちょっとしたおこづかい帳のようなものにまとめることも楽しいし金銭管理の助けにもなると思います。またいま言った利用代金明細送付されてから普通は十日ぐらいしてから未払い料金の引き落としが行われます。ということはこれらの明細書を注意していてあれ?と思うようなおかしな内容例をあげると行ったこともない国が明細に載っていたらカード会社に電話をかけて聞けばOKなだけなんです。その際に偽造による不正使用などといった異常な使用が判明したようであってもクレカユーザーにミスがないならばほとんどの事例においては加入カード会社がそのような異常な項目を請求しないようにしてくれます。現在ではそのようなクレカのご利用明細をインターネット上で見ることができる会社が一般的です。自分がどのお店でどのようなサービスを利用したか確認しておくといったことで第三者利用を防止することをはじめとして出納帳代わりにもぴったりで貯金管理といったことも足りてしまいます(ネットでクレカの履歴を閲覧OKなカード会社はさかのぼって引き落とし額や来月以降の請求額といったことも閲覧できるようになっています)。クレカはこれらの観点からもとりわけ貴重なモノと言えるでしょう。

Copyright (c) 2000 www.fabriziovercelli.com All Rights Reserved.